私たちの想い

HOME > 甘強酒造について > 私たちの想い
食卓に幸せをお届けしたい
私たち、カンキョウみりんは「発酵食」をテーマに本みりん、日本酒、調味料、発酵飲料を提供することで、
幸せをお届けするメーカーです。

いにしえからの技術を活かしていにしえからの技術を活かして

身近な発酵食品の例を挙げると、醤油、味噌、納豆、漬物、ヨーグルト、パンなどがあります。
そして本みりん、日本酒もいにしえから伝わる発酵食品なのです。

私たち、カンキョウ酒造は創業である1862年(文久2年)から本みりんを醸造、
1954年から日本酒を醸造してまいりました。
そこには、先達の知恵と経験がしっかりと受け継がれています。
主力商品である本みりんや日本酒はもちろん、あまざけや酒粕、
西京焼きのたれなどの発酵食品を根本においた商品造りと、
それに合わせたメニューのご提案も行っております。

発酵食品は、健康な暮らしを支える基本となるものです。
カンキョウ酒造は、発酵食品の本物を追求する蔵元として、お客様の豊かな食生活を応援いたします。

私たちの製品は、
こんなところで
造っています

水郷のまち蟹江町

愛知県尾張地方に位置する蟹江町は水郷のまちとしても知られ、まちの4分の1が河川で占められています。古くから河川を交通手段として、酒蔵や醤油蔵が多くありました。

良質の米の産地

蟹江町がある濃尾平野は、土壌が肥沃で農業に適した場所。カンキョウみりんや日本酒四天王の原料は米です。良質な米の産地で、大地の恵みをいただきながら、カンキョウみりんや日本酒四天王は造られています。

気候にも恵まれた尾張 濃尾平野

濃尾平野は米の一大産地で、カンキョウ酒造も地元のお米を使用しております。冬には伊吹おろしと呼ばれる乾燥した冷たい風が吹く気候から、みりん造り、お酒造りに適しています。

代表挨拶

文久2年創業以来、ひたすらにみりん造り、酒造りに取り組んでまいりました。
その間に時代は変わり、当社の置かれた環境は様々に変化をしましたが、
時代に適応しつつかたくなにみりん造りを中心に商いを続け時代の荒波を潜り抜けてきました。
いつの時代にも受け入れられる本物とは何かを見つめつつ、
今後もお客様の役に立つそして為になる商品造りをモットーに今後も社業の発展に取り組んでまいります。
また、それと同時に全世界的に拡大をしつつある和食の世界の中で、
当社もグローバルに様々な取り組みをしたいと考えております。
皆様の更なるご支援をお願い申し上げます。